読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『劇場版魔法少女まどか★マギカ』とロゴの印象

『劇場版魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語』を、封切り日に観てきました。

Ani-Magは『まどマギ』の大ファンという訳ではないのですが、上映が始まる前から気持ちが高ぶって、相当ワクワクしていました。その一因は、新規に起こされた劇場版オリジナルの「タイトルロゴ」にありました。

 f:id:ani-mag:20131027000608j:plain

TV発の劇場アニメの場合、タイトルロゴは、TV版のロゴを踏襲しつつ、サブタイトルを付け加えたタイプが多い。その場合、あくまでもTV版から派生した関連作品、ファン向けに奉仕した作品のような、閉じた印象を受けます。

 

一方、『劇場版魔法少女まどか★マギカ』のように「劇場版オリジナル」のロゴが新規に起こされている場合、シリーズのファンの想定を越える地点を目指した作品のような印象を受けます。個人的には、「TV版とはまた違った、ちょっと凄いものが観られるのではないか」という気分になり、鑑賞前の緊張感、期待感が段違いに増す感覚があります。(『新世紀エヴァンゲリオン』の旧劇場版等も、ロゴに関してそんな印象を抱きました)

しかも劇場版の『魔法少女まどか★マギカ』は、毎回ロゴに手が加えられているという力の入りよう。そんな部分にも、作品にかける意気込みを感じてワクワクしたのです。(そして、期待を裏切らない、充実した内容の映画でした!)

 

魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

魔法少女まどか☆マギカ Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)

 

 

広告を非表示にする